酸素は人間には不可欠です。エネルギーを作るときに酸素が必要ですが、酸素濃度を感知する細胞もあり、血液中の酸素濃度が低下すると、赤血球のエリスロポエチン(EPO)量が上昇します。

これは赤血球の産生を促進するホルモンのエリスロポエチンです。

ホルモンは赤血球を作り、エリスロポエチンを分泌します。しかしエリスロポエチンの分泌が不足すると貧血になります。

酸素濃度の変化とEPO遺伝子活性化を媒介するのが、低酸素誘導因子(hypoxia-inducible factor:HIF)です。

◊低酸素➡EPOの分泌➡赤血球の増加➡酸素運搬向上